人間は二の次、それが中国共産主義者の兵器作りの思想

中国の99式戦車。全高が低く、コンパクトにまとまった中国の主力戦車である。その内部を撮影した画像では、極めて狭い空間に兵士が乗り込み、窮屈そうに砲弾を装填し、砲撃のたびに反動で壁に激突している様子が映し出されている。
この中国の「99式」が参考にした、旧ソ連製の主力戦車「T-72」とアメリカの戦車「M1エイブラムス」の内部空間を比較してみた。
アメリカの戦車はソ連の戦車より一回り大きいのですが、車内空間はソ連の戦車の3倍近くもあります。アメリカ型はもっと広くて、乗員の快適さは歴然としていた。この違いは、西側諸国と共産圏の国々の兵器を作るときの設計思想の違いを示している。
元陸上自衛隊東部方面総監 渡辺悦和氏
中国は旧ソ連をモデルにしている。ソ連の武器作りの考え方は、まず効率。例えば、戦車の車高を低くする。そうすると、敵の弾が当たりにくくなる。この考えで、戦車はコンパクトになった。3人乗れば、1人分のスペースが狭くなる。身長170cmの人は戦車に乗れませんでした。人間は二の次、それが共産主義的な兵器の作り方の考え方だったのです。民主主義の国であれば、人体工学があり、人が快適に戦えるように兵器が作られるはずです。
(中略)彼らは人命を軽視している。大げさに言えば、任務のために人命が犠牲になるのです。欧米にはこんな戦車はない。狭いところで耐えて戦おうということです。
佐藤正久(元外務副大臣、自民党国防族議員連盟事務局長
ウクライナの戦闘を見ていて、ロシアの戦車がよく燃えているのを見た。ロシアの装甲は薄いと聞いていたが、側面はどのくらい薄いのだろう。(装甲が薄いと軽くて速くなる。しかも安く造れる)。その上、砲塔の乗組員の周りに弾薬を積んでいる。だから、薄い車体を貫通した弾丸は簡単に発火する。日本の戦車と欧米の戦車では、人が乗るスペースと弾薬を入れるスペースが区別されているのです。”
兵士の命を守ることが勝利の条件である欧米と、兵士よりも国家の勝利が優先される中国やロシアとの違いは、兵器の種類と強さの違いである。
しかし、人民解放軍はこうした兵器以上に深刻な弱点を持っているようだ。