大谷放出にエ軍オーナーが二の足踏む「本当の理由」?

トレード期限の8月3日(日本時間)を目前に控え、エンゼルスの大谷翔平選手(28)の周辺が騒がしくなってきた。
大谷翔平、笑顔で筋肉美を披露!
 大リーグ公式サイトのジョン・ポール・モロシ記者は24日、複数の球団が大谷のトレードを打診しているが、「エンゼルスはトレード期限前にこのスーパースターを放出するつもりはない」と報じた。
 複数の地元関係者によると、ペリー・ミナシアンGMは大谷に関する他球団からの問い合わせには一切応じず、2ツールプレーヤーの去就に関しても全く回答していないとのことだ。
 フロントオフィスでは、ミナシアンGMが連日、編成スタッフとのミーティングや話し合いを頻繁に行い、普段は遠征に同行しないジョン・カーピノ球団社長も25日までアトランタでのブレーブス戦を視察するなど、慌ただしくなっている。地元では、ブレーブスのフロントとトレード交渉があったのではないか、とささやかれていた。
エンゼルスにとっての “金のなる木”
 地元紙ロサンゼルス・タイムズは22日、エンゼルスの二刀流バットは球団にとって不可欠であり、トレードの可能性は低いと報じた。イーガンのマーケティングに詳しい関係者によると、「球団は年間約1000万ドル(約13億7000万円)にもなる大谷関連の収入を手放したくない」という。
 大谷は確かにE’sの稼ぎ頭であり、2018年の入団以来、日本企業によるスポンサーシップは増えている。2018年の入団以来、スポンサーとなった日系企業は10社近くに増え、今季は新たに航空会社とゲームメーカーの2社がスポンサーになった。
 大谷の効果は絶大なのだろう。米経済誌『フォーブス』が今年3月に発表したメジャーリーグ球団の資産価値ランキングによると、エンゼルスは約3000億円で9位だった。これは、観客動員数が少ないにもかかわらず、大谷関連の広告収入が伸びたこともあり、昨年の約276億円から大幅に増加した。アーティ・モレノ・オーナーら経営陣は、投打の2つのスポーツで活躍し、チームに莫大な利益をもたらしてくれる大谷を手放したくないのだろう。