時代のうねり

源頼朝が平家を打倒し鎌倉幕府が盛り上がるストーリーですが
頼朝が北条氏以外信じられなくなり
弟にまで手をかけてしまうのが非常に怖かったです。
誰かが自分の座を狙っている。
そんな地位にいた事はないから頼朝の不安を理解すると言うのは難しいですが、
最初にやられてしまった上総広常が相当に可哀想でショックでした。
最初は頼朝とトップ争いをしていた様な大物の人物ですが
頼朝の器を認め自分の上に立ってもいいって思っていく
心の移り変わりが良かったです。
そして頼朝の為にどうやって平家と戦おうかとか倒した後の
政や鎌倉をどうしていこうかと頼朝との未来を描いていたにも関わらず
その頼朝自身によって謀反者として粛正されてしまった時の
彼のショックはいかほどだったか計り知れません。
これにより頼朝はタガが外れたかの様に次々と邪魔な存在を
消していきますが怖いですね。
1つの時代を作るための犠牲とはなんなのかと考えさせられました。