最高気温予想が35度以上であれば、エアコンつけっぱなしで外出!?

お得と不得のボーダーラインは「35度」。その理由は何でしょうか?
(ボーダーラインが「35度」となっていることについては、議論と検証を重ねましたが、シミュレーションの結果はこの数値のみであり、その他の数値の科学的根拠は確認できておりません。
–このシミュレーションの結果を活用する場合、以下のような使い方で問題ないでしょうか。「外出時の予想最高気温が35℃以上であれば、システムをONにしたまま外出する」という使い方で良いでしょうか?
シミュレーション結果は、エオリア(パナソニック製エアコン)のログデータ(ある処理を行うパソコンなどの機器に記録されるデータ)をもとにしたものですので、上記のような条件で参考にしていただいても問題ありません。
ただし、このシミュレーション結果は、断熱性能の高い住宅を想定したものです。
実際の電気代は、住宅の断熱性能やエアコンを設置する環境などの使用条件によって異なります。
そして、パナソニックでは「エアコンの冷房効率を上げる方法」もご紹介しています。
エアコンの冷房効率を上げる方法
まず、「エアコンのフィルターを掃除することで、年間約1万円以上の節約になる」。
エアコンの汚れは、能力の低下や消費電力の増加、本体の寿命の短縮につながる。
実際、エアコンのフィルターを1年間掃除しないと、フィルターの目詰まりによって電気代が年間約25%浪費されるという実験結果もある。
パナソニックの実験では、フィルターを掃除することで、年間約1万円以上の電気代が節約できるという結果が出ています。
(※パナソニック製品「F401D2」を使用。電気代27円/kWhで実験)
そして、「冷房運転時の最適な風向・風量を知っていれば、年間約1,200円以上の節約になる」とのこと。
エアコンの風も有効活用することで、冷房効率を高め、節電につなげることができます。
まず、風の向きを考えてみましょう。冷たい空気は低いところにたまるので、一般的にエアコンの風は上向きにしたほうが広範囲を冷やすことができると言われています。また、冷やした空気のムラを少なくするために、エアコンと一緒に扇風機やサーキュレーターを併用するのもおすすめです。
次に、風量です。
エアコンの温度を1℃上げるだけで、約10%の節電になると言われています。しかし、風量を上げると、部屋を冷やすのに使った電気より少ない電気で済むので、設定温度を下げるより風量を上げた方が節電になります。
エアコンを1℃上げ、風量を上げることで、年間約1,200円以上の節約が可能です。
(※パナソニック製品「F401D2」を使用。電気代27円/kWhで実験)
その他、「直射日光を部屋に入れない」「エアコンの室外機の周りや周囲に物を置かない」「エアコンが古い場合は買い替えた方が安い場合がある」などが挙げられます。
エアコンをつけっぱなしにする」「こまめに消す」。パナソニックのシミュレーションによると、「エアコンをつけっぱなし」と「こまめに消す」のボーダーラインは「外気温35度」です。
実際の電気代は、家の断熱性能やエアコンを設置する環境によって異なりますが、迷っている方はシミュレーションを活用してみてはいかがでしょうか。