期間工は稼げる?本当のメリットとは?デメリットも含めて解説!

期間工とは、あらかじめ労働期間が定められている「期間従業員」のことです。いわゆる「契約社員」である。
勤務地は主に製造業です。
地場産業=期間工」と思っている人が多いようですが、「地場産業」と「期間工」は違います。
地場産業」の労働者は、働く会社(メーカーなど)と直接雇用契約を結んでいます。
つまり、派遣労働者の雇用主は、その労働者が実際に働いている会社ということになります。給与もその会社から支払われる。
一方、「派遣労働者」の雇用主は、派遣会社です。労働者は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社から給与を受け取ります。
派遣労働者として働くには、派遣会社に登録し、派遣会社を通じてメーカーに求職の申し込みをします。
どうせ一定期間働くなら、派遣会社を通さずにその会社に応募した方が早いのでは?”と思われるかもしれません。と思われるかもしれませんが、そうではありません。
どうせ一定期間働くなら、派遣会社を通さずにその会社に応募したほうが早いのでは」と思うかもしれません。
確かに、企業の求人に直接応募する方が手間がかかりません。
しかし、派遣会社を通すことで、自分で仕事を探す手間を省くことができるという利点があります。
派遣会社を利用することで、自分で仕事を探す手間を省くことができます。
自分で条件に合う仕事を探すのは意外と時間がかかるものです。
派遣会社への登録は面倒に感じる方もいるかもしれませんが、最近ではスマートフォンから数分でできるため、自分で仕事を探すよりも時間がかかりません。
また、派遣の場合はインターバルを待つ必要がなく、メーカーでの仕事が終われば、次の仕事を紹介してもらえます。
仕事を失いたくない方は、派遣登録することをおすすめします。
トヨタ、日産、スバル、ホンダ、マツダ、ダイハツ、日野などの大手メーカーは、自動車工場で働く人を常に募集しています。
仕事内容は、ドアやエンジンの組み立て、部品の製造、機械加工、検査、塗装など様々です。
自分の好きなメーカーを選ぶこともできますし、体力に自信がなければ、組み立てではなく、部品加工や検査といった仕事内容を選ぶこともできます。
期間工を募集しているメーカーや派遣会社では、「寮」を用意しているところが多いです。
なぜ期間工に無料で寮を提供するのでしょうか?
無料というのは怪しいのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、なぜ多くの求人に寮が付いているのでしょうか?
なぜ寮付きの仕事が多いかというと、多くの労働者を集めるためです。
工場は規模が大きく、多くの労働者を必要とします。
しかし、多くの工場は駅や繁華街、住宅地から離れた場所にあり、通常の募集方法では労働者を集めることが困難です。
なぜなら、「通勤のしやすさ」は仕事を選ぶ際の重要な要素であり、通勤のしにくさは採用における大きなデメリットとなるからです。
そこで、多くの人が住む場所や生活費を気にせず応募できるよう、工場の近くに無料の寮を用意しています。
稼げるおすすめの期間工について詳しくは下のページでランキングしています。
稼げる期間工ならこのメーカー
応募の参考にしてください。