気候はやはり熱くなっている?最新の動向が判明!

いわば、地球の健康診断です。
毎年この時期になると、多くの研究機関が過去1年間の地球の状態を分析した結果を発表します。
それらを総合すると、2022年は「負の三重苦」に見舞われた年であったようだ。
まず、海水温が過去最高を記録した。
世界16機関の共同研究によると、昨年の海面から水深2,000mまでの平均海水温は統計史上最高となり、4年連続で記録を更新した。
また昨年1年間に海が蓄えたエネルギー量は、全世界が1年間に発電する電力量の約100倍に相当するそうです。
次に、NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、昨年の世界のCO2排出量も過去最高を記録したそうです。
これは、エネルギー危機による石炭使用量の増加、パンデミックによって抑制されていた経済活動の回復、夏の高温と少雨による森林火災の増加などが原因だと言われている。
NASAと欧州のコペルニクス気候変動サービスによると、昨年の世界平均気温はそれぞれ過去5番目の高さであった。
しかし、ラニーニャ現象が発生した年としては観測史上最も暑い年であった。これは何を意味するのだろうか。
ラニーニャ現象とは、東太平洋の赤道域の海水温が低くなる状態のことです。
ラニーニャの年には、地球の気温は低下する傾向にあります。にもかかわらず、2022年は観測史上5番目に暑い年となった。もし昨年ラニーニャが発生していなければ、観測史上2番目に暑い年であったはずです。
ラニーニャの反対はエルニーニョで、エルニーニョが発生した年は地球の気温が上昇する。観測史上最も暑かった2016年は、「ゴジラ・エル・ニーニョ」などとも呼ばれる記録的な暑さのエルニーニョの年でした。
今後の気候についても注視していきたいと思います。
今日は以上です。