氷河期世代のエリート、正社員からの大転落…「中高年の引きこもり」に待ち受ける厳しい現実!?

景気の先行きは依然として不透明で、「失業率の上昇」が懸念されるものの、日本はこれまで「低失業率」を誇ってきた、世界から見れば名誉な国です。その一方で、1年以上失業している人も多く、「仕事ができるのに働かない」「専業主婦」などが問題になっています。見てみよう。
夫婦が年金に頼らず「100歳まで生きる」ために必要な貯蓄額。
日本は世界でも有数の失業率の低い国ですが、多くの人が長期にわたって失業したままになっています。
ウクライナ情勢などを背景とした商品価格の高騰。これに伴い、コロナ災害から回復しつつあるといわれていた景気は、さらに悪化することが懸念されます。世界的に経済成長率の見通しが下方修正され、失業率の上昇もささやかれている。しかし、日本は長い間、失業率の低さを誇ってきた。
世界の主要国の失業率は2.83%で、日本は調査対象38カ国中37位である(OECD、2021年)。経年推移を見ると、不良債権処理などで日本経済がどん底にあった2000年頃も、日本の失業率は4~5%で25位前後だった。リーマンショックで世界経済が混乱した2009年頃も、日本の失業率は4〜5%で30〜35位前後である。
年功序列や新卒の終身雇用など、ネガティブに捉えられがちな日本の失業率だが、失業率という点では世界でもトップクラスに安定しているといえるだろう。
世界主要国の失業率トップ10
コスタリカ 16.43% (第1位)
スペイン:14.78%(第2位)
ギリシャ:14.71%(No.3)
コロンビア:13.76%(No.4)
トルコ: 11.97% (No.5)
イタリア:9.50%、No.6
チリ:8.85%(第7位
スウェーデン(8位):8.81
9位 フランス:7.86
10位 フィンランド(7.61%)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
37位 日本:2.83
出典はこちら OECD(2021年)より
しかし、失業率を別の角度から見ると、別の側面が見えてくる。失業者のうち、1年以上求職活動をしている人は、調査対象45カ国中8位で、日本は67万人である。失業率は低いものの、日本には長期失業者が多いことがわかる。
長期失業者数上位10カ国
南アフリカ共和国:321万人
フランス:278万人(第2位)
アメリカ 199万人
スペイン 143万人(4位)
イタリア 5位 134万人
トルコ」 第6位 122万人
ロシア」 7位 81万人※。
日本」 8位 67万人
コロンビア」 9位 56万人
10位 ドイツ(49万人
出典はこちら OECD(2021年)