足の浮腫みは危険のシグナル。

立ち仕事で足が浮腫(むく)むのは、地球が引っ張る重力で足に多くの血液が溜まっているから。そのため、足が浮腫んだ時は、心臓より足を高くすることで、足に溜まった血液がスムーズに心臓に戻り浮腫みは解消されるのです。
多くの血液が集まって起こる浮腫み、心臓に戻す際の血液はドロドロな状態よりサラサラのほうが流れが良くスムーズ。
血液をサラサラにするには血液の水分を増やす、そのためには水分補給を行う。しかし、ここで注意すべきは、水分補給でもアルコール類の摂取は血液サラサラに適さないということ。なぜなら、アルコールには利尿作用があり、かえって体内の水分を奪ってしまうから。
血液をサラサラにするよう心掛けていても、心臓の働きに問題があると足は浮腫む、なぜなら、心臓の働きで血液を循環させているから。心臓に疾患があり働きが悪いと、全身に血液を供給することは困難、心臓から最も遠い足は血液が最も届きにくい。循環ということは、届いた血液を心臓に戻さなくてはならないのだが、心臓に疾患があると、血液の戻りが悪く足は浮腫んでしまう。
心臓の働きだけで血液を循環させているのはなく、足の脹脛(ふくらはぎ)を動かすことで血液循環のサポートを行っている、そのため、寝たきりになると脹脛が使えず心臓の働きだけで血液を循環させなくてはなりません。
若く健康であれば、心臓の働きだけでも血液を循環させられるのですが、歳を取ると心臓の働きが弱くなるため、脹脛を使えない睡眠は困難になるのです。
ルピエライン 最安値