20世紀のアメリカ大統領

ウッドロウ・ウィルソンは、1913年から1921年まで在任したアメリカの大統領である。在任中に第一次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正第19条の批准を行った。
ウォーレン・G・ハーディングは、1921年から1923年まで在任したアメリカの大統領である。共和党出身で、在任中に第一次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准を監督した。
Calvin Coolidgeは、1923年から1929年まで在任したアメリカ大統領。第一次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正第19条の批准を監督した。
ハーバート・フーバーは、1929年から1933年まで在任したアメリカの大統領である。共和党出身で、在任中に第一次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准を監督した。
フランクリン・D・ルーズベルトは、1933年から1945年まで在任したアメリカの大統領である。在任中に第二次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准などを指揮した。
ハリー・S・トルーマンは、1945年から1953年まで在任したアメリカの大統領です。在任中に第二次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准などを指揮した。
ドワイト・D・アイゼンハワーは、1953年から1961年まで在任したアメリカの大統領である。共和党出身で、在任中に第二次世界大戦への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准を監督した。
ジョン・F・ケネディは、1961年から1963年まで在任したアメリカの大統領です。民主党の大統領であり、在任中に冷戦への関与や、女性に参政権を与える修正19条の批准を監督した。
ジョン・F・ケネディが暗殺された理由については諸説あり、明確な答えはない。しかし、一説には、冷戦に巻き込まれたために殺されたとも言われている。
リンドン・B・ジョンソンは、1963年から1969年まで在任したアメリカの大統領である。在任中にベトナム戦争への参戦や、女性に参政権を与える修正19条の批准などを指揮した。